嚥下障害


  • 2018年4月17日
  • tag

現在41歳、男。

両側唇顎口蓋裂。

紆余曲折あり、40歳になってからVF検査により嚥下障害が認定されてました。

これまでの治療は、唇形成・口蓋形成(舌弁あり)・上顎骨形成・歯科インプラント(前歯4本)・歯科矯正。

全身麻酔で19回、局部麻酔で1回の合計20回の手術歴です。

26歳の時に、後悔のないように治療の追い込みをかけたところ、想定外の嚥下障害にみまわれました。

実施した治療は、顎裂部への骨移植と言語療法。

結果論ではありますが、言語療法の舌の動きを変えたことにより嚥下障害を誘発させたことになります。

無論、根本原因は口蓋形成が不十分だったためである。嚥下障害にならないように舌で軟口蓋&硬口蓋をケアしていたために、言語発音がおかしかったということです。

問題は、嚥下障害が生じ始めてから40歳で判明するまでは、原因不明の体調不良とされて身体表現性障害という精神疾患と誤診されていたことです。

恐らく、私が絶対におかしいと主張し続けていなければVF検査も実施されずに生涯精神疾患と誤診をされたままだったでしょう。

 

28歳まで、言語以外に問題がなく、口蓋にも問題がないように見えるという判断からであることは私も理解はしています。

しかし、よくよく思い起こしてみると、幼少期からおかしな体調不良や嚥下障害であったと推測されることはありました。

それは、幼少期からであると慣れてしまっていることと、多少の体調不良は障害による甘え、もっと精神的に強くという『誤った思考』を植え付けられていた感もあるかと思います。

 

恐らく、嚥下障害は改善することはできないでしょう。

口蓋は度重なる手術で瘢痕化がいちじるしくカチカチです。さらには、硬口蓋の粘膜が根本的に足りていません。

 

ここで、当該疾患患者に言っておきたい。

少しでもおかしなことがあれば、原因を追究してください。

私の場合は、言語が明らかにおかしかったにも関わらず、”これくらい。障害だから仕方がない”で流されてしまい。最終的に、自身の決意で治療に当たった時には既に手遅れという状態でした。

その後の、誤診でも相当追い込まれています。

おかしいことはおかしいのです。甘えでもなんでもありません。

ドクターの診断が、100%正しいわけでもありません。

私の症例は、マイノリティーなケースであると思われますが、今後、私のような事例は起こして欲しくないので記録として書き込みました。

 

 

コメントを残す